2017.11.01

第72回国民体育大会ソフトボール競技(少年女子)第3位!!

平成29年9月30日(土)~10月3日(火)に愛媛県西条市にて行われました、同大会において、兵庫県代表チームは「少年女子の部」において、第3位となりました。
初戦は国体開催県である地元の愛媛県代表との試合でした。開催県を応援する地元の大応援団によって試合序盤は大変苦戦しましたが、終盤に一気に打線が繋がり、快勝することができました。
準々決勝戦は、昨年の国体で敗れた岩手県との試合でした。昨年のリベンジを果たすべくチーム一丸となって戦いました。この試合は雨により、2日間に渡って試合が行われる、サスペンデッドゲームとなりましたが、終盤まで相手に1点をリードされる苦しい展開の中、最終回に一気に全員の思いが繋がり大逆転で勝利することが出来ました。
そして引き続き行われた、準決勝戦。強豪の長崎県を相手に、あと一歩の所まで追い上げながら1点差で惜敗しました。
本校から選ばれた4人の選手、マネージャーは他校の選手たちと一緒になり、わずか3か月という期間でチームを作りましたが、他の5校の学校から選抜された選手たちと心を一つにし、これぞ「オール兵庫」と言える最高のチームを完成させました。県代表の一人一人が精一杯、力を出し切れた国体となり、最後は涙と笑顔でチームの解散式を行いました。
本当に多くの応援をありがとうございました。そして素晴らしい大会の運営に当たって下さった、愛媛県の方々に感謝申し上げます。
(試合結果) 1回戦 兵庫県5-1愛媛県
       準々決勝戦 兵庫県7-2岩手県
       準決勝戦 兵庫県1-2長崎県  第3位
出場選手:佐保 知里(3年生・投手)、白石 穂花(3年生・内野手)、
井口 莉加子(3年生・外野手)・弓納持 あみ(2年生・外野手)
マネージャー:髙橋 亜美(3年生)
20171003_162604_kokutai1
20170930_170245_kokutai2

<

お知らせ一覧に戻る

>

ページトップへ